ご挨拶

飛騨わらび

天然わらび粉のご案内です。黒くなく飴色の餅になります。飛騨御嶽山の高原に自生する野生のわらび根から採ります、伝統的な生産の文化(採取、加工,,繁殖)方法によって生みだされる「飛騨わらび」は最高峰の品質を誇ります。「畑で栽培された」黒色のわらび餅とは違います。 

江戸時代以前からの伝統を引き継ぐ。わらび根掘りは日本の農耕の起源であろう。それ程古い。縄文時代からの日本人とわらび粉との付き合いを受け継ぐ野趣溢れるわらび粉を上質な和菓子としてどうぞご堪能ください。 作られたわらび粉は、村人の応援の賜物であり、村落家庭生活に還元され、地域活性化の一助となります
飛騨御嶽山の標高1500mの高原に広がる採取地のオバコ牧場は木曽義仲の中世から受け継がれている牧場で1000年の歴史があります。地元の岐阜県高山市高根町日和田は過疎化に悩みながらも前向きに故郷再生を実践している村です。

その味は口に含むとフワッと溶けます。本物の証しです。餅にすると飴色に変色し、強力な粘りがでます。切ることができません。笑ってしまいます。赤坂虎屋さんも関心を示されています。

どうぞ、おすそ分けします。村人共々作り上げた入魂のわらび粉です。真心こもった貴重な本物の味をご賞味ください。

わらび根の文化事象は 縄文農耕、農耕の起源、宮内庁御用、国宝修理、文化財、茶道、和菓子、和食、フレンチ、版画に及び、まさに文化であり、文化の深淵に臨んでいます。文化を担う一員になれた実感があります。

論文
・実践民俗学 1 – 民俗文化復活の現在的意味 –
・実践民俗学 3 山村振興の計画書—山村という新たな価値—
・実践民俗学4 桃源郷をつくる。-山村振興ネットワークを作ろうー
・実践民俗学5 山村と都市の脆弱性を救う生物多様性
・実践民俗学6 生物多様性から見た山村振

◉ わらび縄のご用命 ◉ わらび粉のご用命 ◉ わらび糊のご用命

国立民族学博物館展示[杉山是清撮影]

◉ わらび粉(シロバナ)・・・・価格:4万円/kg
◉ 飛騨わらび・・・・価格:4000円/内容量:100g
最高峰のわらび粉です。Amazonでも販売しています。

お問い合わせ先 TEL:03-6228-6848
104-0031 東京都中央区京橋1-6-14 ギャラリーモーツァルト内 飛騨わらび

PAGE TOP